大分市議会議員選挙

大分市議選告示迎え定数44に58人立候補!前回比9人増で舌戦スタート

大分市議選告示迎え定数44に58人立候補!前回比9人増で舌戦スタート

任期満了に伴う大分市議選(定数44)が14日告示され、現職43人、新人15人の計58人が立候補を届け出た。各候補者とも新型コロナウイルス対策に万全の態勢を取りながらの舌戦を展開。年内に実施される衆院選を目前にした大型選挙がスタートした。【石井尚】

立候補者数は前回(2017年2月)に比べて9人増えた。政党別の内訳は▽自民15人(前回14人)▽公明6人(同6人)▽社民4人(同4人)▽立憲3人(同0人)▽共産3人(同4人)▽維新1人(同2人)▽無所属26人=国民2人、社民1人の推薦を含む(同16人)。