お肌に過剰な摩擦を与えない

普段のスキンケアや生活で気をつけていることがあります。それは、顔に必要以上に摩擦を加えないということです。20代の頃であれは、若さゆえ何も考えずゴシゴシ洗ったり、メイクを落とさず寝てしまったことも何度もあり今思うと考えられないようなことをしていたと感じます。

 30歳に突入してからは、自分なりに肌をいたわってあげようと決めました。高い化粧水や美容液は買えないのでまず、普段の生活で肌に負担になっていることから改善するようにしました。

まずは食生活です。必ず野菜を摂ることと野菜中心のメニューになるように考えています。朝はスムージーを取り入れることで、便秘も改善されお肌が荒れにくくなったように感じています。

 特に気をつけていることは、洗顔時やメイク時など肌をこすらないようにすることです。これが意外と難しく、気をつけていないとすぐいつものようにこすりつけてしまいます。例えば、洗顔の時目元をゴシゴシ洗っていたりすることがあります。なかなかメイクが落ちにくいとやりたくなるのもわかるのですが、目元は他の部分に比べて皮膚が薄いですから将来シワやたるみの原因になりかねないのです。

 目元は特に優しく、また化粧水や乳液も叩いて強く伸ばすのではなく、優しく肌の中に浸透するように手の腹で押さえながらつけています。このように普段の生活での肌への負担を軽減できれば、お金をたくさんかけなくても美肌に近づけると思うので日頃の心がけが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ