乾燥肌はトラブルのモト!肌バリア機能を高めて肌トラブルを改善する方法

以前の私はひどい乾燥肌でした。保湿をやってもすぐに乾燥ししわができてしまう、困った肌質。誰よりも念入りに基礎化粧品のケアをやっていたつもりでした。でも化粧水をたっぷりつけても、週に2回のマスクパックをやっても、乾燥が改善されず…肌バリア機能が低下した状態だったのです。

肌バリア機能は皮脂膜と、健康な角質細胞とたっぷりの角質細胞間脂質から構成される、角質層から成り立っています。肌を外的刺激から守り、肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。私の場合は、保湿しても乾燥するので、きっと肌バリア機能が低下しているのだろうと思い、スキンケアを大幅に変更しました。

皮脂膜を守るには、洗顔をクリームクレンジングによる洗わない洗顔に替えました。すると洗顔後も肌がつっぱることなく、洗い上がりしっとり。角質層を守るには、しっかり睡眠、ストレス解消、保湿ケアをやるようにしました。保湿ケアはセラミド配合の化粧品に替えると、与えた水分を逃がさずにキープできるようになりました。

肌バリア機能が整ってからは、スキンケアの効果が高まるように。しわが薄くなり、しみもできにくく、しっかり睡眠とストレス解消でたるみも目立たなくなりましたよ。まずは肌バリア機能をつくるケアが大切だとしみじみ実感しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ